”ふるえるスポーツ観戦プロジェクト” 体験会を実施しました

2022年4月16日、17日、20日に開催された、プロバスケットボール Bリーグ アースフレンズ東京Zのホームゲームにて、”ふるえるスポーツ観戦プロジェクト”の体験会を実施しました。

今回は7人の聴者の方に体験していただきました。

これまで進めてきた、

① 音を光と振動に変換するデバイスOntennaを使用し、会場の応援BGMのリズムを光と振動で伝える

※クリックすると動画が再生されます ↓ ↓ ↓

http://www.neiro.or.jp/wp-content/uploads/2022/05/15935738990400.mov

② 応援のフレーズを視覚的に伝えるために、応援BGMに合わせてモニターに映す

※クリックすると動画が再生されます ↓ ↓ ↓

http://www.neiro.or.jp/wp-content/uploads/2022/05/15938656738902.mov

①と②は引き続き行い、今回新たに、

③ 試合の状況を視覚的に伝えるために、「会場アナウンスの視覚化」

への取り組みを実験的に行いました。

聞こえない・聞こえにくい方にも試合の状況やルールがなるべくリアルタイムで伝わるよう、審判の笛やファウル、バイオレーションなどを視覚的に確認できるような取り組みを進めています。

※クリックすると動画が再生されます ↓ ↓ ↓

http://www.neiro.or.jp/wp-content/uploads/2022/05/trim.4F24851F-E216-4C69-8529-E23161C6528F.mov

今後はビジュアルのクオリティにもこだわり、視覚的に楽しめるものを目指します。

また観客のスマートフォンなどでも見られるよう、情報シェアの仕組みも考えています。

「ふるえるスポーツ観戦プロジェクト」は、現在はバスケットボールの会場で行っていますが、ダンスや球技、アクションスポーツなど様々なスポーツでの活用が可能だと考えています。

ご相談だけでも構いませんので、興味がある方はぜひコメントや問い合わせページからご連絡ください。

 

 

連載コラム ”オトノイロ ” 第7話が公開されました

石川県発の情報ウェブマガジンBonNo(ボンノ)にて連載中のコラム “オトノイロ ” 第7話が公開されました。

今回は、聴覚や視覚に障害がある人が様々なエンターテイメントをより楽しむためになされている工夫や情報保障について書いています。

ぜひ読んでください。

https://bonno-web.com/column/24529/

連載コラム”オトノイロ ” 第6話 公開

石川県発の情報ウェブマガジンBonNo(ボンノ)にて連載中のコラム “オトノイロ ” 第6話が公開されました。

今回は全日本ろう者空手道連盟が開催している「音声が見える空手道大会」について。

聞こえる・聞こえない関係なく参加できる空手の大会はどのように行われているのでしょうか?

ぜひ読んでみてください。

https://bonno-web.com/column/24167/

3月3日(木) 開催 I-OPEN プロジェクト フォーラムの予告動画が公開されました

3月3日(木) 18:30-20:30 に行われる、特許庁 I-OPENプロジェクト21 フォーラム(オンライン)の予告動画が公開されました。

当団体からは、代表の中村俊貴が参加予定で、今回のプロジェクトの成果や今後の活動などについて話します。

I-OPENプロジェクトのサイトよりどなたでも参加可能です。

I-OPEN プロジェクトサイト →  https://www.i-open.go.jp/forum/

質疑応答の時間も設けられているようなので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

特許庁主催 I-OPENプロジェクト フォーラム参加のお知らせ

現在、特許庁が主催する「知的財産をいかして、未来を切りひらく人を支援する “I-OPEN プロジェクト21” 」に、I-OPENERとして選んでいただき、NEIROのこれからの活動について、専門家(サポーター)の方にメンタリングなどの支援をいただいております。
その、I-OPENプロジェクトのフォーラムが、3月3日(木)18:30−20:30 にオンラインにて行われます。
代表の中村俊貴も参加予定で、活動事例紹介などを行います。
参加費は無料となっておりますので、是非ご参加ください。下記、I-OPEN PROJECT 21フォーラムのサイトから参加可能です。
I-OPEN PROJECT 21フォーラムのサイト
よろしくお願いいたします。

連載コラム”オトノイロ” 第5話が公開されました

石川県発の情報ウェブマガジンBonNo(ボンノ)にて連載中のコラム “オトノイロ ” 第5話が公開されました。

今回は先日行った、クリスチャン・マークレー展について。

「音を見る / イメージを聴く」というテーマで作品をつくるアーティスト。

視覚と聴覚の関係性について深く考えさせられる素晴らしい個展でした。

ぜひ読んでみてください。

https://bonno-web.com/column/23626/

”ふるえるスポーツ観戦プロジェクト” 第2回目のトライアルを行いました

【活動報告】
9月17日に、Bリーグ アースフレンズ東京Z様のプレシーズンゲーム@大田区総合体育館 にて “ふるえるスポーツ観戦プロジェクト” の第2回目のトライアルを行いました。
今回は全日本ろう者空手道連盟の方たちに実際にOntennaを使った観戦を体験していただきました。
皆さん、初めてのBリーグ観戦だったそうですが、「リズムを感じる事が出来た」「応援の雰囲気や臨場感を感じることが出来てよかった」などの感想をくださいました。
全日本ろう者空手道連盟の皆様にもバスケットボール観戦を楽しんでいただきました
全日本ろう者空手道連盟の皆様にもバスケットボール観戦を楽しんでいただきました
今回、「きこえる・きこえないに関わらず、みんなでスポーツ観戦を楽しむ」ことを目的に以下3つの取り組みを行いました。
① Ontennaを使い、応援のBGMを振動と光に変換しリズムをとらえられるようにする
 
② 応援のフレーズをリズムに合わせてモニターに映し出し視覚的に表現する
③ 音声認識アプリを使い、会場のアナウンスを文字に変換し観客がスマートフォンで見れるようにする
① については、昨シーズンにも一度トライアルを行っており、今回が2回目。
応援BGMの他、チアパフォーマンス、タイムアウト時のBGMにも対応出来るようになり、少しずつ本格的な導入に向かっています。
 
② については、今回初めてトライアルを行いましたが、今後は文字のデザインや表現方法も再考し、より楽しいものにしていきます。
 
③ については、今回は音声認識アプリを使用しましたが、誤変換が多かったため失敗でした。現在は他の方法を使っての文字変換を試しています。
 
よりたくさんの方に楽しんでもらうためにまだまだ改善するところもありますが、引き続きプロジェクトを進めてまいります。
応援のほどよろしくお願いいたします。
 
※現在、当プロジェクトへの協賛・寄付を募集しております。
ご興味ある方は当ホームページ内のお問い合わせまたはSNSでメッセージを頂けますと幸いです。
協賛・寄付について➡️ https://www.neiro.or.jp/協賛のご案内
お問い合わせ➡️ https://www.neiro.or.jp/contact
【アースフレンズ東京Z】
 
【全日本ろう者空手道連盟
【Ontenna】

”ふるえるスポーツ観戦プロジェクト” が、加賀FEI株式会社様のホームページに掲載されました

私たちが進めているプロジェクト”ふるえるスポーツ観戦プロジェクト”が、Ontennaの開発を行っている、加賀FEI株式会社様のホームページで取り上げられました。

当プロジェクトは現在、10月のBリーグ開幕に合わせて準備を進めています。

https://www.kagafei.com/jp/solutions/original/ontenna/event/